経営者なら必ず知っておくべき!会社法人の税務知識と各種税金をすべて解説!

経営者が絶対に覚えておくべき税務の基礎知識

経営者のあなたに!知っておくべき税務の基礎知識を全解説!

会社などの法人が納める税金としてもっとも大きく有名なのが法人税です。 ここでは、そもそも法人税とはどういうものなのか、その基礎知識や仕組み、税額について説明します。 またもし納付を怠った場合にかかる、無申告加算税や延滞税など余計な税金についても解説します。

会社の所在地に納める地方税!法人住民税と法人事業税!

ここでは、会社が存在する地方自治体に納める地方税になる、法人住民税と法人事業税について解説します。 それぞれの税率計算や、免除される場合などを、実例を挙げて説明します。 法人事業税は損金に加算することで節税にもなりますので、本文を参考に確認してください。

国にとって三大税のひとつ!会社などの法人が納める法人税

いつまでも会社で働くサラリーマンではなく、いつかは経営者として自分の事業を立ち上げたい。世の中にはそう夢見ている人も多いでしょう。
しかし夢を実現しようと会社法人を立ち上げるにあたって、一番の悩みになるのが、事業にかかる税金です。

会社を立ち上げたばかりでまだ収益が安定しないうちに、多額の税金がかかるのでは、とても経営していけないのではないか。
そう思う人もけっこういるでしょう。

そんな人たちのために、ここでは会社法人にかかる税金を中心に、法人税について紹介します。
会社が国に納める税金の中で、もっとも大きなものが法人税になります。

そして都道府県や市町村に納める地方税になるのが、法人住民税と法人事業税です。
さらに普段、買い物のときに支払う消費税、地方消費税も、経営者になると納税しなくてはなりません。
さらには会社が持つ土地や建物、事業に使う資材など会社の資産にも、固定資産税、償却資産税が課されます。

このサイトでは、法人が納税するそれぞれの税金の違いや、その特徴、注意点について、納付先や納付期日、おおまかな計算方法、また納付を怠った場合どうなるかまでを徹底的に解説します。
納める側にとっては悩みの種でもある税金ですが、社会の安定を守る国や地方自治体の基になる大切なお金でもあります。
起業を目指す人も、すでに経営者である人も、このサイトを参考に、正しく税金を納めつつ、的確に節税するための参考にしてください。

会社が納める消費税と会社の資産にかかる固定資産税について

消費者が買い物のときに支払う消費税も、経営者になると税金として納めることになります。 また会社の資産である土地や建物、事業に使うパソコンなどの機材も、資産額に換算して固定資産税などがかかります。 ここではそれら各種の税金について、納付や計算の方法を解説します。

TOPへ戻る